たった一人の私の味方-あらすじ-70話〜72話 最終回の結末まで韓国ドラマのネタバレ

たった一人の私の味方のあらすじとネタバレ たった一人の私の味方

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」あらすじ 70話〜72話

「たった一人の私の味方」相関図やキャスト情報

→たった一人の私の味方 あらすじ 67話〜69話

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」あらすじ 70話

ヨンフンはドランの為に街を離れることにする。
ドランにも心配はいらないと伝えるのだった。
一方、ヨウンはいまだドランを許し事が出来ず家族の食卓でも気まずい状況が続いていた。
ヨウンは家族がいなくなるとドランを家から追い出して、あなたは家族なんかではないと伝える。
タヤは母ホンシルにこの事件を伝えるが、二人の会話を聞いたミランはいてもたってもいられずにドランの元へ向かうのだった…。
ヨンフンもドランの苦しい状況を知り、すぐにドランの元へ向かおうとするがそこにドランが訪ねてくる。
寒さに凍えるドランを先ずは温めようと部屋に招き入れるヨンフンは、こんなことになってしまったことを申し訳なく思う。
その後、ヤンジャとミランがドランを心配して駆けつける。
ヨンフンはドランの為に服を買いに出かけるが、その姿をヨンフンの過去を知る男が目撃する…。
一方、チングとグムビョンはヨウンがドランを追い出したことを知る。
グムビョンはヨウンの言動はもう看過できないとするが、チングは間に挟まれて思い悩むのであった。
デリュクはドランのいるヨンフンの元へやって来て夕食を共にする。
デリュクはヨンフンにこれからはお父さんと呼ばせてくださいと告げる。
この言葉にヨンフンは胸が一杯になるのだった。
そんな中、グムビョンの痴呆の症状が出てしまう。
苛立つヨウンはグムビョンにキツくあたる。
チングは事態を収めるためにドランたちのいるヨンフンの自宅へと向かうが、その後ヨウンと話し合おうとするチングだが、ヨウンの強硬な態度についに離婚を切り出す事態に…。

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」あらすじ 71話

チングとヨウンは決定的にぶつかってしまい、ついには離婚の話に発展してしまう。
タヤはヨウンを気遣うが、孤立無援な状況であった。
一方、ヨンフンの家に来ていたグムビョン。
ドランとデリュクは何とか地方の症状が出たグムビョンの対応をしていた…。
ヨウンはチングが弁士を介して離婚の書類を送りつけて来たことに愕然としてしまう。
タヤはヨウンとチングが離婚する可能性を知り、急いで夫のイリュクに相談をする。
そして、この事態をデリュクも知る事になり…。
一方、かつてヨンフンが服役生活を送る中で出会った男は、ヨンフンに命を救われたことを思い出していた。
そんな中、グムビョンはホンジュとヨンフンの関係に気付き、怒りを露にしてしまう…。

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」あらすじ 72話

ホンシルはミランとゴㇾが仕事場でもところかまわずベタベタしていることを知り、不安を覚える。
同じころデリュクたちはチングとヨウンに話し合いをさせようとするが、二人はすぐに喧嘩になってしまう。
話がこじれる事態となり、タヤはドランに不満をぶつける。
ドランはそこで初めて離婚の話を聞き、大きなショックを受ける。
そして、一目散に家に向かうと膝をついて、自分のせいで二人が別れるのら、私がデリュクさんと別れますと謝罪をするのだった…。
これにはヨウンもチングも複雑な気持ちになり、これ以上のいざこざが意味ないことを悟る。
チングはヨウンに謝罪し、何とか関係修復の機会を得るのだった…。
一方、デリュクはドランを送り届けようとしていた。
そこに、チングからヨウンと仲直りをしたと連絡が入り、心から安堵するドランとデリュクであった。
ほどなくしてドランとヨウンもまた和解の糸口を見つける…。
ヨンフンは生活のために新たに移動販売を始める。
そこに、ドランから問題が解決したとの知らせを受けて、心から安堵するのであった。
だが、そんなヨンフンに新たな出会いと共に課題が降りかかってしまう。

たった一人の私の味方 あらすじ 73話〜75話

たった一人の私の味方 あらすじ 全話一覧

韓国ドラマ愛好家はU-NEXTを利用してる!?
・DVDの返却日を気にする必要がない!
・いつでも好きな時にスマホでもPCでも韓国ドラマを楽しめる!
・もちろんお風呂の中だってOK!
・ちょっと観て自分に合わなかったら次のドラマを選べる!
全ての面倒から解放されるのが動画配信サービスです。
中でも、韓国ドラマを視聴するなら圧倒的作品数を誇るU-NEXTがおすすめ!
31日間無料トライアルがあるので安心。あなたの好きなドラマが配信されてるか要チェック!
たった一人の私の味方
おもちをフォローする
タソガレエイジ|韓国ドラマ・映画・漫画のあらすじとネタバレ
タイトルとURLをコピーしました