たった一人の私の味方-あらすじ-13話〜15話 最終回の結末まで韓国ドラマのネタバレ

たった一人の私の味方のあらすじとネタバレ たった一人の私の味方

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」あらすじ 13話〜15話

「たった一人の私の味方」相関図やキャスト情報

たった一人の私の味方 あらすじ 10話〜12話

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」あらすじ 13話

父親が亡くなったのは交通事故のせいではなく殺害されたことを知り、ショックで倒れるダヤ。

ジングク宅の運転手を辞めようと考えていたスイルだったが、クムビョンからドランの家におかずを持って行くように頼まれる。
食事に招待した時にドランがよく食べたアワビなどのおかずを準備したクムビョンだった。
仕事を辞める前に、ドランの顔を一度だけ見ようと考えるスイル。

人工呼吸の一件以来、冗談の過ぎたデリュクに怒って目も合わせないドラン。
ドランに謝りたいデリュクだが、デリュクとは業務以外の話をしないつもりのドラン。

どうして今まで黙っていたのかとホンシルに尋ねるダヤ。”お前たちを傷つけたくなかった”と話し、”会ってもパパは帰って来ない。あの男は無期懲役で一生刑務所で暮らす。だから忘れよう”と興奮するダヤを説得するホンシル。泣くダヤ。

ドランにクムビョンからの料理を届けるスイル。
家族がおらず、誰にもおかずを貰う事のないドランは感激する。
いつも車で送ってくれるスイルに、お礼にマフラーをプレゼントするドラン。嬉しいスイル。
マフラーのお礼にと、ドランにククス(麺)をごちそうすることにするスイル。
”良くないことが起こると、父親がいつも好物のククスをごちそうしてくれていた”と話すドラン。
”その父親がこの間亡くなった・・私の唯一の味方だったのに・・・”と寂しそうなドランに、心を痛めるスイル。

周りにドランと自分の関係を知っているものは誰もおらず、孤独なドランに良い人が出来るまでは傍で見守ることに決めるスイル。

クムビョンからのおかずを、おすそ分けしてユジンに持って行くドラン。
祖母クムオクと暮らしているユジン。
そのクムオクは、スイル(ヨンフン)が刑務所に入る前に赤ちゃんだったドランを預けた女性だった。
ドランの名前が”キム・ドラン”だと聞き、驚くクムオク。
”お父さんは亡くなった・・お母さんと妹は別に暮らしている”というドランの話に、”あのドランとは違うのか・・”と考えるクムオク。

ドンチョルと暮らした家やドンチョルの仕事場などを処分し、知人から紹介された2か所のテナントを契約したヤンジャ。
だがその知り合いは詐欺師と手を組み、複数人に同じ物件を騙して売っていたのだった。
詐欺に遭ったと分かり、呆然とするヤンジャ。

インターネットで父親が殺された事件の事を調べ、犯人の写真を見るダヤ。
何も非の無い父親を殺した犯人を許せずに興奮するダヤだったが、事件後ひどく苦しみ、もうあの事件の事は考えたくないホンシル。
ゴレはずっと知らないふりをしていたが、以前に親類とホンシルのしていた話が耳に入り、すでにその事実を知っていた。
ゴレも刑務所まで犯人に会いに行こうとしたが、自分たちのために隠そうとしている母親ホンシルのためにも忘れて暮らすことにしたのだった。
ダヤにも”忘れて暮らそう”と話すゴレ。

結婚式の日が迫るが、すっかりマリッジブルーのイリュクは家出中だ。
イリュクに連絡が取れず、焦るウンヨン。
レストランのスタッフにイリュクの居場所を問い詰め、イリュクを捕まえるウンヨン。
”ダヤが倒れた”と聞き、驚くイリュク。

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」あらすじ 14話

イリュクの顔を見て、抱き着くダヤ。
ウンヨンから事情を聞いていたイリュクはダヤを心配する。
”パパは交通事故で死んだと考える。そうしないと辛い”と泣くダヤ。
慰めるイリュクに、”子供が出来たら、子供にパパの愛情はどんなものか教えてほしい”と頼むダヤ。

秘書室にドランしか残っておらず、自身のコーヒーを自身で淹れようとするデリュク。
あれから冷たい態度のドランに対抗するデリュク。
豆を挽こうとするデリュクの手を止めるドランに、”どうして私の手を掴む?””この間は唇だったのに、今回は手ですか?”と言うデリュクw 慌てるドラン。
ドランに、”あの日の話はもうしたくない””あんな目に遭って驚いたからか、トラウマが出来たようだ・・”と話すデリュク。納得できずに腹を立てるドラン。
つい、ドランをからかってしまうデリュク。

テナント契約をするために、資金が足りない分を街の金融屋から借りていたヤンジャ。
ヤンジャが詐欺に遭ったと分かり、取り立てにやって来る金融屋。
”お金を返せないなら、二人の娘に返してもらう”とヤンジャを脅す金融屋。

誤解を解くために、デリュクと話をすることにするドラン。
デリュクの命を助けるために人工呼吸したのに、”唇を奪われた”とか”トラウマになった”とか言われて納得のできないドラン。
悔しくて泣き出すドランに慌てるデリュク。
デリュクも、ドランに誤解されて侮辱されたり叩かれて悔しい思いをしたことを話す。
お互い様でおあいこだからと、和解を提案するデリュク。握手して和解する二人。

ドランの家の窓枠が壊れていて不用心なのに気づき、こっそりと修理するスイル。

借金取りから逃げるために、ミランを連れて夜逃げすることにするヤンジャ。

ポムアンドフードの野外行事の日になり、デリュクも参加する。ドランの事が気になるデリュク。

ダヤが苦労するのを心配し、イリュクと結婚してもジングクの家で同居するのは反対のホンシル。
ウンヨンも別に暮らすことを賛成するが、ダヤ本人がジングク達との同居を希望する。
ポムアンドフードの次男の嫁になるが、ジングク達と一緒に暮らして味方につけ、いつかウンヨンのような立場になりたいダヤ。

運動会の一等商品がノートPCだと分かり、古いノートPCしか持っていないドランは一等を狙う。
ドランは、運動の得意なホン秘書との二人三脚コンビを狙うが、パートナーはくじでデリュクに決まる。

ユジンの祖母クムオクは、街角でスイルとすれ違うが見失う。
ドランの父親は刑務所に居るのに・・と自身の見間違いだと考えるクムオク。

ジングクの家に来ていたダヤは、庭作業をするスイルを見て悲鳴を上げる。
帽子とマスク姿のスイルを見て、ネットで見つけた父親を殺した男とそっくりだと思ったダヤだった。悲鳴を上げて帰るダヤに驚くスイル。

ドランとコンビを組んで二人三脚するデリュクは、ドランにドキドキする。

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」あらすじ 15話

ジングクの家の庭で作業をするスイルを見て、父親を殺した犯人にそっくりだと悲鳴を上げるダヤ。驚くスイル。
イリュクから”あれはカン運転手(スイル)だ”と聞き、犯人と姓も違うことが分かるダヤ。

ウンヨンに、ダヤがスイルが犯人に見えたことを話すホンシル。
ダヤが誤解をしてしまい、スイルに申し訳ない思いのホンシル。
”これからは作業する時にマスクと帽子を使わないように”とスイルに小言を言うホンシル。

借金取りから逃げるために夜逃げをしたヤンジャとミランは、サウナで過ごす。
騙した人間は中国に逃げたことが分かり、呆然とするヤンジャ。

会社の運動会で二人三脚のコンビとなったデリュクとドラン。ドランにドキドキするデリュク。
賞品のノートPCを狙っていたドランだったが、残念ながら1等にはなれなかった。
ノートPCではなく、ぬいぐるみを持って帰ることになったドラン。ドランを意識して運動に集中できなかったデリュク。
1等になったホン秘書の体力を褒め、”本部長(デリュク)は運動をしなければ”とデリュクに嫌味を言って帰るドランw

納骨堂に行き、亡き夫にダヤの結婚を報告するホンシル。

イリュクとダヤの結婚式に、クムビョンを送って行くスイル。
結婚式には秘書たちも招待され、結婚式にやって来たドランと顔を合わせるスイル。
プレゼントしたマフラーをスイルがしているのに気付き、嬉しいドラン。
お洒落をして美しいドランに目を細めるスイル。

結婚式でホン秘書と楽しそうに話すドランが気になるデリュク。

兄ゴレに手を引かれ、式場に入場するダヤ。結婚式でみんなから祝福を受けるダヤとイリュク。

サウナ内で食事をしていたが、財布が無くなったことに気付くヤンジャ。
無銭飲食で通報されそうになり、仕方なく食事代金分そこで働くことなるヤンジャとミラン。

ダヤの投げたブーケが目の前に飛んで来て、受け取るドラン。
ブーケを受け取る予定の友人ではなく、受け取ったのがドランで気分の悪いダヤ。

結婚式は無事に終わるが、会場で姿が見えなくなったクムビョンに慌てるジングクやウンヨン。
ホンシルや家政婦たちも慌ててクムビョンを探す。

道の真ん中をさまようクムビョンを見つけ、慌てて助けに行くスイル。
車に轢かれそうになるクムビョンを間一髪で助けるスイル。

たった一人の私の味方 あらすじ 16話〜18話

たった一人の私の味方 あらすじ 全話一覧

韓国ドラマ愛好家はU-NEXTを利用してる!?
・DVDの返却日を気にする必要がない!
・いつでも好きな時にスマホでもPCでも韓国ドラマを楽しめる!
・もちろんお風呂の中だってOK!
・ちょっと観て自分に合わなかったら次のドラマを選べる!
全ての面倒から解放されるのが動画配信サービスです。
中でも、韓国ドラマを視聴するなら圧倒的作品数を誇るU-NEXTがおすすめ!
31日間無料トライアルがあるので安心。あなたの好きなドラマが配信されてるか要チェック!
たった一人の私の味方
おもちをフォローする
タソガレエイジ|韓国ドラマ・映画・漫画のあらすじとネタバレ
タイトルとURLをコピーしました