その女の海-あらすじ-64話〜66話 最終回の結末まで韓国ドラマのネタバレ

その女の海 あらすじ キャスト その女の海

韓国ドラマ「その女の海」あらすじ 64話〜66話

「その女の海」相関図やキャスト情報

その女の海 あらすじ61話〜63話

韓国ドラマ「その女の海」あらすじ 64話

スインはジョンウクの子を出産した。
それから5年の月日が流れる。息子の名前はジフンと名付けられた。
一方、カン・テスも刑期を終えて出所していた。
カン・テスは無実の罪を着せたジェマンたちに改めて、全ての不正行為を明らかにして見せると宣言する。
グムレはチョンギル財団を作り、新たな一歩を踏み出そうとしていた。
そんな動きにジェマンは便乗して、またしても接近を試みる。
目的はもちろんチョンギル製粉の乗っ取りであった。
一方、ソヌはグムレの指示に従いお見合いをすることになる。
だが、今もソヌの心の中にはスインへ想いがずっと生き続けていた。
ソヌは決心して改めてスインへの想いを告白しようとする。

韓国ドラマ「その女の海」あらすじ 65話

ソヌはスインへの告白を悩んでいた。
結局悩んでいる間にお見合い相手のヒジュからのもうアプローチに折れる形で、交際をすることに。
スインはソヌの気持ちを知らずに、お見合い相手がどんな人なのかを質問する。
本心を言い出せないソヌは決まづい思いをするだけだった。

一方、グムレに対する恨みを持つ社員が襲い掛かる事件が発生する。
その場には偶然にもカン・テスが居合わせて、グムレを助けるのだった。
グムレは命を助けてくれたカン・テスに感謝し、事情を聴いて運転手として働いてもらうことにする。
そんな中、ジェマンとジョンウクはチョンギル製粉を共同経営をする名目で、実質の乗っ取り計画を進めていた。
そして、秘密裏に原材料の停止をして事業に大きなダメージを与えようとする。
急な事態にグムレは困惑するのだった。

韓国ドラマ「その女の海」あらすじ 66話

チョンギル製粉は原材料の小麦を停止されてしまい、経営の危機に瀕してしまう。
チョンギル財団もあり、簡単に資金を動かすこともままならない。
ソヌは資金調達に奔走するのだが、その調達も上手くいかないのだった。
既にジェマンとジョンウクは裏で手を回してチョンギル製粉に協力しないよう指示を出していたのだった。
ソヌはこの異常な事態が悪意を持った第三者による故意のものだと確信する。
そして真実に近づいていく。
スインは会社の危機を察知して、何かできないかと心配するのだった。

その女の海 あらすじ 67話〜69話

その女の海 あらすじ 全話一覧

韓国ドラマ愛好家はU-NEXTを利用してる!?
・DVDの返却日を気にする必要がない!
・いつでも好きな時にスマホでもPCでも韓国ドラマを楽しめる!
・もちろんお風呂の中だってOK!
・ちょっと観て自分に合わなかったら次のドラマを選べる!
全ての面倒から解放されるのが動画配信サービスです。
中でも、韓国ドラマを視聴するなら圧倒的作品数を誇るU-NEXTがおすすめ!
31日間無料トライアルがあるので安心。あなたの好きなドラマが配信されてるか要チェック!
その女の海
おもちをフォローする
タソガレエイジ|韓国ドラマ・映画・漫画のあらすじとネタバレ
タイトルとURLをコピーしました