あの空に太陽が-あらすじ-43話〜45話 最終回の結末まで韓国ドラマのネタバレ

あの空に太陽がのあらすじやネタバレ あの空に太陽が

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 43話〜45話

「あの空に太陽が」相関図やキャスト情報

あの空に太陽が あらすじ 40話〜42話

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 43話

インギョンのひたむきさに感銘を受けたかと思いきや・・。ミヌはその逆の心を胸に抱いていました。つまり彼は、インギョンの夢を打ち砕こうとしたのです。その理由は定かではありませんが、とにかく彼女が女優として成功することを望まなかったのです。そこで彼は狡猾さを全面に出し、策を弄してインギョンに怪我を負わせます。

こうしてインギョンはミヌによって負傷させられ、病院送りになるのでした。夢を達成するための階段を登り出した矢先でしたが、たった一人の人間の策略により意識不明の重体です。インギョンはそのまま生死の境をさまようことになり、女優へのチャレンジは頓挫することに・・。そんな彼女の傍に寄り添って看病するのはジョンホですが、彼の精神状態も不安定になっていきます。

なぜなら、こんなに近くにいて何もしてやることができないからです。奇跡を使って彼女の体を直すこともできなければ、夢を叶えてあげることもできません・・。ただただ、祈りながら看病することしかできないのです。一方、スジはミヌがインギョンを負傷させた事実を知り、ショックを受けていました。しかし彼女はその事実を伝えることをせず、そのままやり過ごそうとします…。

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 44話

インギョンを負傷させて病院送りにしたのはミヌでしたが・・。彼は何食わぬ顔で病院に姿を見せ、意識が戻ったインギョンのお見舞いをします。そしてさりげなく、自分は事件に関与していないことをアピールするのでした。姿を見せず見舞いをしなければ、逆に疑われてしまう恐れがあったからです。その一方、ジョンホはインギョンを負傷させた犯人を追って調査していました。

そして彼はミヌに不審を抱くようになり、彼の車を調べ始めます。一つ一つ丁寧に丹念に、わずかな痕跡も逃すまいと、真剣な表情で・・その結果、ジョンホはミヌの車から重大なものを発見するのでした。それは・・ミヌが事件に関与したことを示す決定的な証拠です!ジョンホはそれを見て驚きを隠せませんが、同時に我が意を得たりという思いも抱いていました。

なぜなら彼は、ミヌに対して漠然とした疑念を持っていたからです。ほどなくしてジョンホは警察へ通報を行い、事件の真犯人が逮捕されます。そしてそのことはインギョンにも伝えられますが、彼女の心はとっくに前を向いていました。怪我を負ったショックはまだありますが、それ以上に早く女優業に復帰したいと思っていたのです…。

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 45話

ミヌとの辛い別れや出産の記憶を忘れて、女優業に没頭するインギョン。しかし、その道のりは必ずしも楽なものではありませんでした。彼女がいくら懸命に稽古に取り組んでも、ミヌがことごとくダメ出しするのです。ここが悪い、あそこがダメだと、褒めることは一切なく・・。そんなミヌを相手にしてインギョンはへこたれそうになりますが、それでも演技を続けるのでした。

その理由は、必ず一流の女優になるという夢があったからです。それに加えて、自分の母親が女優をしていたという事実も彼女の心の支えになっていました。お母さんに出来たのなら私にもできるはず・・そう考えるのは自然のことです。一方、ジョンホはミヌとの関係を悪化させるインギョンのことを心配していました。かといって演技のことでアドバイスすることもできず、ただただ見守ることしかできません。

さらにそのジョンホのことを恨めしそうに見ていたのは、彼の妻のソヨンです。ソヨンはジョンホがインギョンに特別な視線を送っているのに気づき、激しく嫉妬するのでした。今に見ていなさいよ・・目にもの見せてくれるわ!口には出しませんが、彼女の表情は明らかにそう物語っていました…。

あの空に太陽が あらすじ 46話〜48話

あの空に太陽が あらすじ 全話一覧

韓国ドラマ愛好家はU-NEXTを利用してる!?
・DVDの返却日を気にする必要がない!
・いつでも好きな時にスマホでもPCでも韓国ドラマを楽しめる!
・もちろんお風呂の中だってOK!
・ちょっと観て自分に合わなかったら次のドラマを選べる!
全ての面倒から解放されるのが動画配信サービスです。
中でも、韓国ドラマを視聴するなら圧倒的作品数を誇るU-NEXTがおすすめ!
31日間無料トライアルがあるので安心。あなたの好きなドラマが配信されてるか要チェック!
あの空に太陽が
おもちをフォローする
タソガレエイジ|韓国ドラマ・映画・漫画のあらすじとネタバレ
タイトルとURLをコピーしました