あの空に太陽が-あらすじ-94話〜96話 最終回の結末まで韓国ドラマのネタバレ

あの空に太陽がのあらすじやネタバレ あの空に太陽が

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 94話〜96話

「あの空に太陽が」相関図やキャスト情報

あの空に太陽が あらすじ 91話〜93話

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 94話

スジはインギョンのことを気遣って、記憶が蘇ったことをまだ隠していました。その一方、彼女は手帳を書いていましたが、その手帳の存在がミヌに知られてしまいます。彼は中身を全て見ることはできませんでしたが、嫌な妄想を膨らませていきます。もしかしたら・・俺の過去の悪事についても記載があるのかもしれない・・と。そう思うとミヌは居ても立ってもいられなくなり、一刻も早く手帳を入手したいと思うのでした。

そしてついに彼は行動を起こし、スジのいる美容室に向かって駆け出します。一方、スジが記憶が戻ったことを隠していることが、徐々に明らかになろうとしていました。最初にそれに気づいたのはテジュンですが、彼はスジがどこまで知ってるのかを気にします。ジョンホはインギョンと幸せになることを夢見ていましたが・・。

その前に彼は、テジュンに対して自分の立場を明らかにするのでした。しかし彼が放った言葉はあまりにも強烈で、テジュンは返す言葉がなくなります。その一方、インギョンよりも先にスジが危険にさらされるようになります。なぜなら、ミヌがスジを危険人物とみなすようになったからです。果たしてスジの運命と手帳の行方はどうなるのか…。

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 95話

テジュンはヒエが愛するミヌのことを、まったく信用していませんでした。それは彼のこれまでの行動からすれば当然でしたが、ヒエはこのことに納得がいきません。そこで彼女は直接テジュンのもとを訪れ、ミヌを悪人のように見るのはやめてほしいと抗議します。テジュンは娘の怒りに圧倒されますが、それでもミヌに対する疑念を晴らすことはできませんでした。それだけ・・ミヌには疑わしい要素が多かったのです・・。

一方、スジからもっとたくさんの話を聞きたいと思っていたジョンホは、落胆していました。なぜなら、いくらは無しを聞きたくても、スジはもうこの世にはいないからです。そしてそれと同時に、ミヌの過去の悪事も証明できなくなりました。ただそれでもジョンホは諦めることなく、引き続きミヌについて調査を進めていくのでした。

しかし、ミヌの警戒心がものすごくて、簡単に近づくこともできません。そして情報はことごとくシャットアウトされていき、有力な情報や証言を得ることが困難になります。それどころか、ジョンホはミヌによって追いつめられていくのでした・・。一方、インギョンもミヌについて調べていましたが、こちらは決定的な証拠を入手することに成功します!…。

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 96話

ミヌの脅威が高まれば高まるほど、インギョンとジョンホの絆は強くなっていきます。それはミヌにとっては皮肉な話しでしたが、ソヨンにとっても許せないことでした。彼女は二人に対する嫉みの気持ちに狂い、どうにかして関係を壊そうとします。しかしどんな手を打っても墓穴を掘るばかりで、苛立ちはますます強くなってしまうのでした。

一方、テジュンのミヌに対する疑念は以前にも増して大きくなっていきます。ヒエはその様子を見ながら不満に思い、ミヌの名誉を回復するための策を講じます。それはインギョンに対するテジュンの信頼を失わせることでしたが・・。インギョンはそのことにまったく気づいていませんでした。彼女が気にしていることはミヌの過去の悪事のことばかりで、ヒエのことにまで注意が向かなかったのです。

その一方、ジョンホはヒエに食事に誘われて、何も疑わずに出向いてしまいます。実はここにも策略が潜んでいたのですが、ジョンホも全くそれに気づきませんでした。ミヌはしばらく大人しくしていましたが、ふたたび行動を開始します。彼はセチャングループ会長のヒョンオクを訪ね、彼と緊密な協議を行いました…。

あの空に太陽が あらすじ 97話〜99話

あの空に太陽が あらすじ 全話一覧

韓国ドラマ愛好家はU-NEXTを利用してる!?
・DVDの返却日を気にする必要がない!
・いつでも好きな時にスマホでもPCでも韓国ドラマを楽しめる!
・もちろんお風呂の中だってOK!
・ちょっと観て自分に合わなかったら次のドラマを選べる!
全ての面倒から解放されるのが動画配信サービスです。
中でも、韓国ドラマを視聴するなら圧倒的作品数を誇るU-NEXTがおすすめ!
31日間無料トライアルがあるので安心。あなたの好きなドラマが配信されてるか要チェック!
あの空に太陽が
おもちをフォローする
タソガレエイジ|韓国ドラマ・映画・漫画のあらすじとネタバレ
タイトルとURLをコピーしました