あの空に太陽が-あらすじ-85話〜87話 最終回の結末まで韓国ドラマのネタバレ

あの空に太陽がのあらすじやネタバレ あの空に太陽が

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 85話〜87話

「あの空に太陽が」相関図やキャスト情報

あの空に太陽が あらすじ 82話〜84話

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 85話

インギョンとジョンホは二人で協力し歩調を合わせながら、結婚の準備をしていました。もちろんゴールインまでの道のりは平坦ではありませんが・・。二人はそうした試練さえも楽しんでるかのように、生き生きとしていました。むしろ試練が多ければ多いほど絆がさらに強くなると、固く信じているかのようです。ミヌはそんな二人の幸せを邪魔しようとしますが、まったく付け入る隙がありません。

得意の謀略を巡らしてはみるものの、効果的な策は何一つ思い浮かばず・・。結局のところ、手をこまねいて見ていることしかできないのでした。そしてそうしてる間にも時間は流れていき、インギョンとジョンホはますます幸せに近づいていきます。ミヌが出来ることといえば、あまりの悔しさに拳を握りしめるか、愚痴をこぼすことぐらいです。しかしいくらそんなことをやっても、二人が結婚することに変わりはないのでした。

一方、テジュンは不用意な発言をしてしまい、そのことでヒエの神経を逆撫でしてしまいます。そして二人の関係は悪化しますが、その間にも時間は流れていき、ついに結婚式当日を迎えます。充実した日々の末に辿り着いた晴れの舞台・・インギョンとジョンホは幸せな雰囲気に包まれていました。しかしそこへ一本の電話がかかってきて、ジョンホの顔はたちまち緊張の色を強めます…。

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 86話

結婚式の用意は完全に整い、後は式をスタートさせるだけとなりました。インギョンは緊張した面持ちでそのときを待っていたのですが・・。どういうわけか、肝心のパートナーの姿が見当たりません。パートナーとはもちろんジョンホのことですが、彼がどこかに消えていなくなったのです!実は彼はあるトラブルに巻き込まれていましたが、インギョンはまったく気づいていませんでした。

ともかくもジョンホを探すため結婚式場を出て行きますが、どこを探せばいいのか皆目検討もつきません。一方、ミヌとグンテはジョンホのある思惑を知り、焦っていました。そして危機を脱するため手を打とうとしますが、ジョンホの行方が今もって分からず・・。

ジョンホの思惑は映画会社のセットにありましたが、彼はそれを一人で探っていたのです!一方、テジュンは不満を覚えながらも、ジョンホとインギョンが結婚することを容認します。そして自分なりに二人を祝福しようとしますが、一つだけ気に入らないことがありました。それは、二人の子供のスンジュンと会えないことです…。

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 87話

テジュンがジョンホの再婚を認めた最大の条件は、スンジュンでした。彼はスンジュンと触れ合うことができるならと、二人の結婚を容認したのです。それほど、テジュンにとって孫の存在は可愛いものでした。さらにその思いは進化していき、自分の生き甲斐へと変わっていきます。インギョンはそんな彼の様子を見ながら、秘かに心を痛めていました。

そして考えれば考えるほどやりきれなくなって、ジョンホに助けを求めるのでした。今や彼女にとっての心の支えは、ジョンホただ一人です。一方、ヒエはスンジュンのことを観察しながら、ある特徴に気が付いていました。それはスンジュンが右利きでも左利きでもなく、両手利きだということです。これはまた珍しい・・いやいやそれよりも・・と、彼女はある人物の顔を思い浮かべます。

誰かというと、スンジュンと同じ両手利きの持ち主であるミヌです!そして彼のことを想像しながらヒエは、スンジュンがミヌの子供である可能性について考えるのでした。一方、自分の孫だと信じ込んでいるテジュンは、相変わらずスンジュンに入れ込んでいます。目に入れてもまったく痛くない・・今にもそう言い出しそうなぐらい…。

あの空に太陽が あらすじ 88話〜90話

あの空に太陽が あらすじ 全話一覧

韓国ドラマ愛好家はU-NEXTを利用してる!?
・DVDの返却日を気にする必要がない!
・いつでも好きな時にスマホでもPCでも韓国ドラマを楽しめる!
・もちろんお風呂の中だってOK!
・ちょっと観て自分に合わなかったら次のドラマを選べる!
全ての面倒から解放されるのが動画配信サービスです。
中でも、韓国ドラマを視聴するなら圧倒的作品数を誇るU-NEXTがおすすめ!
31日間無料トライアルがあるので安心。あなたの好きなドラマが配信されてるか要チェック!
あの空に太陽が
おもちをフォローする
タソガレエイジ|韓国ドラマ・映画・漫画のあらすじとネタバレ
タイトルとURLをコピーしました