あの空に太陽が-あらすじ-67話〜69話 最終回の結末まで韓国ドラマのネタバレ

あの空に太陽がのあらすじやネタバレ あの空に太陽が

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 67話〜69話

「あの空に太陽が」相関図やキャスト情報

あの空に太陽が あらすじ 64話〜66話

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 67話

インギョンはスンジュンを守る方法について真剣に考え、ついにある決断をします。それは、スンジュンを国内の外に出し、外国で生活させることです。これならミヌも手出しができないし、安心して見守ることができる!インギョンはそう判断したのですが、スジはそんな彼女のことを心配していました。そして彼女一人だけでは心もとないと考え、ジョンホに協力を依頼するのでした。

インギョンのことを守れるのはあなたしかいない・・お願い・・頼んだわよ・・と。こうしてインギョンの判断が吉と出るか凶と出るか分からないまま、スンジュンは飛行機に乗り込みます。これから長時間の空の旅をして、アメリカの大地を踏むためです。一方、スジからインギョンのことを頼まれたジョンホは、願ってもないことだと思っていました。

彼にとってインギョンは特別な存在であり、スジに言われるまでもなく支援していきたいと考えていたのです。そしてジョンホはインギョンと話をするため出かけていきますが、誰かがその後を付けていきます。誰かというと・・ジョンホの妻・ソヨンでした!彼女にとってインギョンは自分の天敵であり、その天敵に思いを寄せるジョンホは、嫉妬の対象です…。

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 68話

ジョンホはインギョンのことを気遣うより、妻のソヨンのことを処理しなければなりませんでした。彼女はジョンホとインギョンの関係を疑い、強い嫉妬を抱くようになっていたのです。さらにその感情は凶暴さを増し加えるようになり、今にも暴れ出しかねない状況なのです。そういうわけで、ジョンホはインギョンと距離を取る必要がありました。ただ、インギョンとしてはジョンホの支援が有り難くて・・。

こうした状況の中、ついにソヨンの精神状態が限界に達します。そして彼女は自殺することを決意し、そのことを電話でジョンホに伝えるのでした。ジョンホはソヨンの悲痛な声と叫びを聞き、ようやく自分のことを反省するようになります。確かに、ここ最近の俺は家庭をないがしろにしてきたかもしれない、もっとソヨンの話を聞くべきだった・・と。

しかし、そんな悠長なことを考えていられるほど事態は緩慢ではありません。ソヨンが今にも自殺をしようとしており、それを何としても食い止めなければならないのです。この切羽詰った状況の中で、夫としてどれだけの行動と犠牲が払えるか・・まさにジョンホは試されていました。その一方、インギョンの心はますますジョンホに傾いていくのでした…。

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 69話

インギョンにとってジョンホは、特別な存在へと変わっていきました。最初はただの知人に過ぎず、仕事で付き合いしかなかったのですが・・。いつも自分を助けてくれる彼に対して、インギョンは恋心を抱くようになったのです。もちろん彼にソヨンという奥さんがいることは知っています。知ってはいますが、でも・・もう気持ちを抑えられないところまで来てしまったのです。

そしてついにインギョンは満を持して、ジョンホに自分の思いを告白します。するとジョンホもその気持ちに応え、二人は互いに愛し合っていることを確認するのでした・・。とはいえ、ソヨンという妻がいるジョンホとしては、自分の気持ちだけで暴走することは許されません。またインギョンとしても、ソヨンを無視するわけにはいきませんでした。

一方、スジはマルスンの素性について調査していました。その理由は、インギョンの実母の写真を見たときの、マルスンのリアクションが気になったからです。彼女はそれを見て、直感的に何か深い事情があると思ったのです。こうしてマルスンの調査を始めたスジですが、案の定、彼女は信じがたい事実を知ることになります…。

あの空に太陽が あらすじ 70話〜72話

あの空に太陽が あらすじ 全話一覧

韓国ドラマ愛好家はU-NEXTを利用してる!?
・DVDの返却日を気にする必要がない!
・いつでも好きな時にスマホでもPCでも韓国ドラマを楽しめる!
・もちろんお風呂の中だってOK!
・ちょっと観て自分に合わなかったら次のドラマを選べる!
全ての面倒から解放されるのが動画配信サービスです。
中でも、韓国ドラマを視聴するなら圧倒的作品数を誇るU-NEXTがおすすめ!
31日間無料トライアルがあるので安心。あなたの好きなドラマが配信されてるか要チェック!
あの空に太陽が
おもちをフォローする
タソガレエイジ|韓国ドラマ・映画・漫画のあらすじとネタバレ
タイトルとURLをコピーしました