あの空に太陽が-あらすじ-31話〜33話 最終回の結末まで韓国ドラマのネタバレ

あの空に太陽がのあらすじやネタバレ あの空に太陽が

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 31話〜33話

「あの空に太陽が」相関図やキャスト情報

あの空に太陽が あらすじ 28話〜30話

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 31話

インギョンは出産を決意しましたが、ミヌとは別れてしまいました。その悲しみと失望は図り知れませんが、彼女はすぐに気持ちを切り替えます。なぜなら、インギョンにはこれから大きな仕事が待っていたからです。それはいうまでもなく、ミヌの子供を出産するということです。これからますますつわりもひどくなっていくことが予想され、それに向けて体調を整えなければなりません。

そういう状況の中で、いつまでも落ち込んでいる暇はなかったのです。一方、マルスンはインギョンがミヌと別れたことを聞き、ミヌのことを非難します。そして思いのたけを全てぶつけていきますが、ミヌはそれを黙って受け止めていました。のちほどインギョンはマルスンのとった行動を知って、ミヌに謝罪します。

しかし彼女はまたそこで傷つくことになるのでした。なぜなら、ミヌは謝罪に来たインギョンに対して冷酷な態度をとったからです。とても交際していたとは思えないほど・・まるでインギョンのことが天敵であるかのように・・。一方、ヒエはついにチャンスが到来したと思っていました。そこで彼女はミヌの思いを自分に向けさせるため、インギョンに対してミヌを諦めるよう説得します…。

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 32話

何の企みがあるのかヒエは突然、インギョンに対してお金の入った封筒を渡します。それは手切れ金のようなものかと思われましたが、インギョンは怪しみます。そして受け取るべきではないと判断し、ヒエに返しに行くのでした。やがて彼女はミヌを発見しますが、その隣にヒエがいるのを見て驚きます。そしてさらに彼女を驚かせる一言をミヌが発します。

落ち着いて聞いてほしいんだが、俺は今日からヒエと交際することになったんだ・・と。この言葉にインギョンはショックを受けますが、同時にある決心を固めるのでした。それは、お腹の子供二人だけで生きていくということです。今やインギョンを支えているものは、お腹の子供であるといっても過言ではありませんでした。一方、グンテはインギョンに対してある疑念を抱いていました。

それはインギョンが妄想妊娠しているのではないか?ということです。彼はその真否を確かめるため、ある策略を仕掛けるのでした・・。一方、インギョンは自分を励ますかのように、必死にお腹の子供に話しかけます。そして子供への思い入れを深めることによって、なんとかミヌのことを忘れようとするのでした。ただそれはあまりにも無理のあることで…。

韓国ドラマ「あの空に太陽が」あらすじ 33話

インギョンはミヌと別れてからも映画会社で働いていました。しかし諸般の事情を考えて、辞める決心を固めます。特に彼女が気にしていたのは、ミヌの仕事のことでした。インギョンは自分が会社に残ることで、ミヌの活動が滞ってしまうのではないかと考えたのです。結局のところ、それが辞める一番の原因でした・・。一方、インギョンの周囲ではきな臭い連中が暗躍していました。

その中心はグンテですが、彼は妊娠の真否だけでなく、子供の父親まで調べ始めたのです。インギョンは会社を辞めて転職先を探しますが、なかなかいい仕事が見つかりません。特に彼女の場合は妊娠中の身ということもあり、条件が厳しくて・・。一方、マルスンはインギョンがミヌと別れたことについて、まだ納得していませんでした。

相変わらず彼女はミヌのことを責め続け、挙句の果てには、生活費まで要求し出したのです。インギョンと別れるならそれでもいい、その代わりしかるべきお金は出してもらうわよ!と。ヒエは積極的にミヌにアタックし続け、ついに彼の心をゲットすることに成功します。そして二人は正式に交際を始めますが、ヒエはまさに天にも上るような気持ちです…。

あの空に太陽が あらすじ 34話〜36話

あの空に太陽が あらすじ 全話一覧

韓国ドラマ愛好家はU-NEXTを利用してる!?
・DVDの返却日を気にする必要がない!
・いつでも好きな時にスマホでもPCでも韓国ドラマを楽しめる!
・もちろんお風呂の中だってOK!
・ちょっと観て自分に合わなかったら次のドラマを選べる!
全ての面倒から解放されるのが動画配信サービスです。
中でも、韓国ドラマを視聴するなら圧倒的作品数を誇るU-NEXTがおすすめ!
31日間無料トライアルがあるので安心。あなたの好きなドラマが配信されてるか要チェック!
あの空に太陽が
おもちをフォローする
タソガレエイジ|韓国ドラマ・映画・漫画のあらすじとネタバレ
タイトルとURLをコピーしました