恋するダルスン(花を咲かせろダルスン)-あらすじ-28話〜30話 最終回の結末まで韓国ドラマのネタバレ

恋するダルスン(花を咲かせろダルスン)のあらすじやキャスト情報 恋するダルスン(花を咲かせろダルスン)

韓国ドラマ「恋するダルスン(花を咲かせろダルスン)」あらすじ 28話〜30話

「恋するダルスン(花を咲かせろダルスン)」相関図やキャスト情報

恋するダルスン(花を咲かせろダルスン) あらすじ 25話〜27話

韓国ドラマ「恋するダルスン(花を咲かせろダルスン)」あらすじ 28話

ジョンオクを抱きしめたブニは、会いたかった!と抱きしめるが、違う!と逃げ出して。
倒れた母親を診療所に連れ来るが、ユンジェは、異常は無いから大丈夫だ!と告げる。
また、見合いをしたテスクだったが、また男がハゲだとわかると帰ってきてしまうが、荷物を運ぶボンシクに一目惚れしてしまい…。

翌朝、ジョンオクに会わせなさい!と聞かないブニをソンインに連れて来たダルスンは、影から見させて。
しょんぼりして帰って来たブニは、泣きながら寝込んでしまうが、様子を見に来たジョンオクは、金持ちの親もいるから私を探さないで!とブニを冷たく突き放す。
ブニは、帰宅した娘にもう孫をそっとしてやる!みんなにも話さないで!と話して。
ダルスンが母親の意向を伝えに来ると、ジョンオクは、満面の笑みになって….。

心配事がなくなったホンジュは、良い靴のデザイナーになり必ず会社に入る!と誓うが。
幼いウンソルが靴の絵を描いていたのを思い出したヨンファは、この公募に応募に来てほしい!と思う。
そんな時、靴の公募を見たダルスンは、目を輝かせて….。

韓国ドラマ「恋するダルスン(花を咲かせろダルスン)」あらすじ 29話

『世界の舞台に出る靴デザイナーを!』という公募を見たダルスンは、一緒に応募してみよう!とチュンギを誘うが、お前1人でやれ!と断られてしまう。
そんな時、机の中から警察に渡したはずのウンソルの写真を見つけたハンスは、不思議がる。
警察に行ったハンスは、写真を返すのは事件が終結した時だと聞き、ヨンファに確かめるが….。

さっそく、靴のデザインを考え始めたダルスンは、デザインと快適さ両方追求したい!と思うが。
公募応募用紙を取りに来たダルスンは、困っている女性に持っていた靴を履かせるが、大事な社長を助けもらったヒョンドは、お茶をご馳走する。
そこでパンを食べたダルスンは、私の母親もピーナツアレルギーなんです!と話すのを聞いたホンジュは、初耳で。

ダルスンは、母親から頼まれた洋服をホンジュに渡し、話したくないからもう帰る!と言って。
家に入り込んだホンジュは、家の中を探るとそこにブニが帰って来て….。

韓国ドラマ「恋するダルスン(花を咲かせろダルスン)」あらすじ 30話

赤い靴と手紙を見たホンジュは、本当の祖母だと知り、こんなの全部嘘だ!と叫んで。
母親の事を尋ねると、ブニは、自分では育てられないと置いていった!と話すが、孤児だと聞いていたよりショックだ!と話す。
ホンジュは、もし、ダルスンに話したらこの世からいなくなってやる!と脅して…。

ハンスの机の上から警察の名刺が目に入り、自分が捜査を中止させたことを思い出し、ウンソルの写真を探すテソン。
そこに来たハンスは、捜査を続けているならなぜこの写真があるんだ?と問い詰めると、テソンは、別の写真に替えた!と苦しい言い訳をする。

食堂で働いてから靴作りは大変じゃないか?と聞くユンジェに、私には靴作りが休憩みたいなものだ!初恋の人に会うみたいにワクワクするの!と話す。
偶然、会ったダルスンが、靴を作っていると耳にし、デザイン画を見せてもらうと、ステキな靴だ!と褒めるヨンファ。
そこに来たホンジュは、挨拶をしながらも睨みつけるが、母親が才能があると話すと祖母と会い、公募を諦めさせて!と命じる。
ブニにどうせ合格なんかしないんだからやめなさいと言われたダルスンは、絶対あきらめない!と怒って…。

恋するダルスン(花を咲かせろダルスン) あらすじ 31話〜33話

恋するダルスン(花を咲かせろダルスン) あらすじ 全話一覧

韓国ドラマ愛好家はU-NEXTを利用してる!?
・DVDの返却日を気にする必要がない!
・いつでも好きな時にスマホでもPCでも韓国ドラマを楽しめる!
・もちろんお風呂の中だってOK!
・ちょっと観て自分に合わなかったら次のドラマを選べる!
全ての面倒から解放されるのが動画配信サービスです。
中でも、韓国ドラマを視聴するなら圧倒的作品数を誇るU-NEXTがおすすめ!
31日間無料トライアルがあるので安心。あなたの好きなドラマが配信されてるか要チェック!
恋するダルスン(花を咲かせろダルスン)
おもちをフォローする
タソガレエイジ|韓国ドラマ・映画・漫画のあらすじとネタバレ
タイトルとURLをコピーしました