恋するダルスン(花を咲かせろダルスン)-あらすじ-124話〜126話 最終回の結末まで韓国ドラマのネタバレ

恋するダルスン(花を咲かせろダルスン)のあらすじやキャスト情報 恋するダルスン(花を咲かせろダルスン)

韓国ドラマ「恋するダルスン(花を咲かせろダルスン)」あらすじ 124話〜126

「恋するダルスン(花を咲かせろダルスン)」相関図やキャスト情報

恋するダルスン(花を咲かせろダルスン) あらすじ 121話〜123話

韓国ドラマ「恋するダルスン(花を咲かせろダルスン)」あらすじ 124話

一瞬、考え直したテソンだったが、スーツケースの金を見せ付けられると契約書にサインをしてしまう。
ユンジェに指輪をもらいプロポーズされたホンジュは、嬉しくて涙を浮かべる。
帰宅したホンジュは、わざわさダルスンに報告し、ウェディングドレスの靴を作ってくれない?と言うが、あなたが、作りなさい!と断られて。
ホンジュとの婚約話を聞いたチュジャ達は、ダルスンが悲しんでいるだろうと心を痛めるが、その頃、ホンジュは、婚約もでき歩けるようになって幸せいっぱいで…。

ダルスンを呼び出しデートをしたヒョンド達は、願い事を書き込み結びつける。
ダルスンは、みんなが幸せになれるように!と書くが、ヒョンドは、いつも彼女が笑顔でいられますように!と…。

ウンソルの、日記を読んでいたダルスンであったが、日記に書かれている少年がユンジェの事だと確信に変わる。
お金が足りないテソンは、またケンタに頼むが、また違う担保を設定してもらう!と言われ不安で。
婚約して嬉しくて仕方ないホンジュは、エプロンや食器をたくさん買って来るが、そんな様子を見たテスクは、あなたがスパイだと通報したのに怖くないの?と尋ねると、そこへやって来たユンジェが聞いてしまうが…。

韓国ドラマ「恋するダルスン(花を咲かせろダルスン)」あらすじ 125話

話を聞いたユンジェは、通報したのは君なのか?と背を向けるが、追いかけ説明すると言っても嘘はやめろ!と怒鳴って。
ホンジュは、あなたを愛しすぎただけだ!と言うがユンジェは、その汚い口で愛を語るな!と睨みつけて。
帰宅したダルスンも通報したのがホンジュだとわかると、頬を叩く。
八つ当たりするホンジュに、私がいなくてもこの愛は成就しなかった!と怒るダルスンで…。

ユンジェから事情を聞き怒りに震えたソンギは、、テソンの所へ行き、胸ぐらを掴み娘がしたことを知っていて我が家に嫁がせようとしたのか?と殴りつける。
その話を聞いたケンタは、世間が事実を知ったらあの会社から手を引くだろうから、その時はまた俺を頼るだろうな!と言う。
ユンジェは、今で自分を思い気遣ってくれた言葉が全部、見せかけだとわかり、悔しくて。
どうか婚約破棄しないで!と土下座するホンジュに怒ったミリョンは、ビンタして。
更に、ホンジュは、ドアの外にいたユンジェにも汚い手を放せ!と言われてしまい…。

ケンタのホテルに入った中村は、色々探るが、そこに帰宅したケンタの電話の話を聞き、テソンに罠だ!と告げで…。

韓国ドラマ「恋するダルスン(花を咲かせろダルスン)」あらすじ 126話

ケンタは、自分のルーツを知りジェハの回顧展に行き、隣で泣くダルスンにハンカチを貸した事を思い出す。
ヒョンドと知り合ったのもジェハにそっくりなケンタに声を掛けた事がきっかけだった。
一方、完全にジェハが生きてると思い、また中村に始末を命じるテソン。
そんな時、5月28日に聞き覚えがあったダルスンは、必死で考えるが、詩集に、書かれていた言葉を思い出す。
そして、詩集を返せ!とテソンに追われ川に落ちた事も思い出して…。

酔って帰ったホンジュは、パパのせいだ!と責めるが、テソンは、お前がスパイだと通報したからだろう!と罪のなすり合いで。
ケンタに頼まれた総裁は、検察を動かしてソンイン靴店の横領と脱税の容疑で検察を送る。
ケンタを襲った中村だったが、相手にならず、反対に捕まってしまい…。

恋するダルスン(花を咲かせろダルスン) あらすじ 127話〜128話(最終回・結末)

恋するダルスン(花を咲かせろダルスン) あらすじ 全話一覧

韓国ドラマ愛好家はU-NEXTを利用してる!?
・DVDの返却日を気にする必要がない!
・いつでも好きな時にスマホでもPCでも韓国ドラマを楽しめる!
・もちろんお風呂の中だってOK!
・ちょっと観て自分に合わなかったら次のドラマを選べる!
全ての面倒から解放されるのが動画配信サービスです。
中でも、韓国ドラマを視聴するなら圧倒的作品数を誇るU-NEXTがおすすめ!
31日間無料トライアルがあるので安心。あなたの好きなドラマが配信されてるか要チェック!
恋するダルスン(花を咲かせろダルスン)
おもちをフォローする
タソガレエイジ|韓国ドラマ・映画・漫画のあらすじとネタバレ
タイトルとURLをコピーしました